ファイル 2015-11-03 22 57 42

コーヒーとドーナツとかっこいい話。


ファイル 2015-11-03 22 57 42

どうしてだろうなーって思う。

どうして、
お化粧薄い日に限って

かっこいい店員さんの
レジに案内されるんだろって。

溝端淳平さん似の。
爽やかな。

チークもほっぺに
のせておくんだった。

あぁ。切ない。

 

そんな休日、本を読んでいたら
こんな話が紹介されていました。

ため息つくほど心に響いたので
さっそくここに書いてみます。

有名なエピソードって紹介されてたから
知っている人も多いかもしれない。

 

アメリカの靴の通販サイト
「ザッポス」

ザッポスさんは
顧客サービスの素晴らしさで有名だそうです。

その一例。

 

ある時、
ザッポスのカスタマーセンターに

ザッポス経営陣の1人が
お客のフリして電話をかけました。

抜き打ちチェックって
やつですね。

しかも無理難題をふっかけるのです。

「ピザを注文したいんだが」

と。
※こうふっかけようと思う
発想もすごいと思った。

 

返ってきた答えは

 

「大変恐れ入ります
 ピザのご注文は承れませんが
 配達ピザ屋の電話番号ならお伝えできます

 

・・・お、ぉぉぉぉ。

 

ピザ屋と間違えて注文する人なんて
そうそういないでしょ。

それでもこんな回答を
ピンポン玉のようにすぐ返せるなんて。

どんな意識なんだっ。

 

わたしだったら普通に

「恐れ入ります、
 こちらは靴の通販会社でございまして・・・」

って答えちゃう。

 

ザッポスのカスタマーセンターさんは
自分たちのシゴトを

靴の通販サイトのお客様対応

だとは
思ってないんだろうなぁ。

思っていたら

逆立ちしたって
わたしみたいな回答しか
出てこないよね。

 

自分たちのシゴトを

電話越しのお客様のニーズに
その時できる範囲で最大限応える

と思って
毎日働いていれば

やっと、
配達ピザ屋の電話番号を教える提案も
できるようになるのかも。

 

かっこいいっ・・・!

 

こんな風に
シゴトしていきたいものです。

 

今日はかっこいい店員さんと
かっこいいお話に出逢えた
いい日でした。

そして

これからは
雨の日も風邪の日も
 
チークをほっぺにのせようと
決意を新たにした日でもありました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA